小児歯科フッ素による治療

フッ素とは

フッ素は自然界にも存在し、わかめ・のり・魚介類・小魚などに多く含まれる歯を丈夫にする栄養素です。
むし歯予防としては、フッ素液を歯医者さんで直接塗る。
ご自宅でフッ素入り歯磨き粉フッ素入りジェルを使用するなどの方法があります。

フッ素の効果

▲このページのTOPへ

フッ素の効果

  1. 歯の修復を進める
    一度溶けてしまったエナメル質が再び結晶化するように促進する働きがあります。
  2. 歯の質を強くする
    歯の結晶の中にフッ素が入りこみ
  3. プラーク(歯垢)をつくることを抑制します
    プラーク(歯垢)の中にフッ素が停滞し、むし歯菌の活性を阻害したり、酸を作らせないようにします。
  4. 子供の虫歯予防に役立つ
    歯質が未熟な子供さんの歯の修復を進め、歯の質を強くしプラーク(歯垢)をつくることを抑制するため、虫歯予防につながります。

▲このページのTOPへ

フッ素の注意点

  1. 多量にとりすぎると危険
    例えば歯磨き粉一本を一気に飲んだりすると、急性症状(吐き気・下痢・けいれん)などを起こすことがあります。ただそんなに多量のフッ素を一気に飲んだりすることは、まず無理なので気にすることはないです。
  2. 効果を過信しやすい
    フッ素の主な効果は、歯自体を丈夫にすることです。塗ったからといって虫歯にならないわけではないです。
    日々のブラッシングを丁寧に行いましょう。

▲このページのTOPへ

フッ素の使用方法・種類

  1. フッ素塗布フッ素塗布
    歯医者さんで定期的に高濃度のフッ素を塗布しましょう。
    1年に3〜4回行うことで、充分な効果が得られます。

    フッ素塗布の実際
    歯にしみこますのが目的です。塗るだけでは効果は低いです。

    ・2才半までのお子様(まだ長時間の治療ができないお子様)
    (1)歯ブラシでフッ素をすりこむ
    フッ素の使用方法・種類(2)綿球でフッ素を塗布
    (1)(2)のどちらか

    ・上手にできるお子様(2才半以上のお子様)
    専用トレーをかみこんで4分以上浸漬します。歯面に浸透しやすいベストな方法です。
    上の(1)(2)ですと、唾液で薄まる可能性が高いです。
    専用トレー
  2. フッ素ジェル
    ご家庭できるフッ素塗布です。
    おすすめは・・・
    ホームジェル グレープ味
    チェックアップジェル レモンティー味
    です。

    ホームジェルにはグレープ・バブルガム・レッドベリー・オレンジ・ミント味
    チェックアップジェルにはレモンティー・グレープ・バナナ味がありますので好みにより試してみて下さい。
    ※堺市北区なかもずの「ますだ歯科」ではいろいろな種類を取り揃えております。

  3. フッ素配合歯みがき粉
    虫歯予防にはフッ素入りの歯磨き粉を使用するのが効果的です。
    ※乳歯が歯磨き粉で削れてしまわないか心配な方
    堺市北区なかもずの「ますだ歯科」では、低研磨性の歯磨き粉をご用意しております。

  4. フッ素洗口法
    フッ素洗口液でうがいをする方法です。
    非常に効果は高いのですが、誤飲の可能性がありますので積極的には推奨しておりません。

  5. フッ素スプレー
    乳幼児・学童の虫歯予防におすすめです。
    まだブクブクうがいのできない1〜3才児に特に効果的です。
    また外出時の携帯用としても便利です。

▲このページのTOPへ

フッ素のポイント

  1. 歯医者さんでフッ素塗布するだけでなく、ご自宅でもフッ素を利用しましょう。
  2. フッ素を塗った後は、30分は飲食を控えましょう。
  3. 大切なのは、濃度よりも回数(定期的な使用)です。
  4. フッ素を塗る前に歯ブラシでブラッシングをしっかり行い、プラーク(歯垢)を落としましょう。
  5. フッ素塗布は、歯が生え始めてから2〜3年のうちが特に取り込む吸収率が高いです。
    よって1歳半〜3才頃までが特に虫歯予防および歯質強化の効果が高いです。

「フッ素について」をご覧になった方は、以下のページもご覧になっておられます。

▲このページのTOPへ

大阪府堺市・泉北の乳幼児・子供の虫歯予防のことなら ますだ歯科