ご家庭でできること・・・虫歯になりにくい歯をつくるために

  1. 規則的な生活を心掛ける
    決まった時間におやつをあげる。

    決まった時間におやつをあげる
  2. 虫歯になりにくい歯をつくるためにねばねばしたお菓子は避ける
    ハイチュウ、キャラメルはお子様は皆好きですが、できるだけ避けましょう。
    詰め物が外れるリスクもあります。
  3. 歯みがき・フロスをまめにする
    1日1回は仕上げ磨きを丁寧にお願いします。家族間のスキンシップにもつながります。
  4. ダラダラと食べ続けない
    ながら食い、ダラダラ食いはお口の中を虫歯のできやすい環境にします。
  5. もちろん、甘い物はできるだけ控える
    おやつはできるだけ砂糖の含有量の少ないものを規則的にあげるのが一番良いと思います。
    清涼飲料水もムシバになりやすい飲み物です。幼少のうちから甘い物を与えすぎますと
  6. キシリトールを活用する
    キシリトールガムやキシリトールタブレットを積極的に利用しましょう。

キシリトールとは??


「ご家庭でできること」をご覧になった方は、以下のページもご覧になっておられます。

歯ブラシ・歯みがき粉の選び方

歯ブラシは、年齢に合った大きさを選びましょう。

歯ブラシの箱や商品棚に必ず書いてあるはずです。確認しましょう!

年齢に合った大きさの歯ブラシ

 


「歯ブラシ・歯みがき粉の選び方」をご覧になった方は、以下のページもご覧になっておられます。

歯科定期検診について

3ヶ月に一度小児歯科では定期検診を行います。

定期検診で行う事は、

@ 「お口の状態を調べます。」

3ヶ月に一度お口の状態を調べます。前回の治療終了時と比較して、悪いところはないかチェックします。

必要であれば治療します。 

ダイアグノデント

A 「お口をキレイにする歯みがき指導」

テスターを使って、歯に染め出しをします。磨き残しに色をつけて、丁寧に歯磨き指導を行います。

一緒に歯をピカピカに、きれいにしていきましょう。 

テスターを使って、歯に染め出しをします

B 「プロによるクリーニング!!」

プロの歯科衛生士が、歯垢・歯石・着色除去の後、専用ペーストとブラシで歯と歯の間・歯と歯ぐきの境目、また歯の表面を滑らかにし、歯垢や着色を付きにくくします。 

プロによるクリーニング

C 「フッ素を塗って終了!!」

ますだ歯科では、できるだけ歯のすみずみにまでフッ素が行き届き、浸透するように『トレー法』を採用しております。ただ歯ブラシで塗るだけでは唾液(つば)ですぐ流れてしまい。うまく歯に浸透しません。 

『トレー法』を採用

D 歯科衛生士のお姉さんに今日の治療内容を「デンタルノート」に記入してもらい、ご自宅でよく読んで3ヵ月後の次の検診まで大事に保管して下さいネ。

 

デンタルノート


「歯科定期検診について」をご覧になった方は、以下のページもご覧になっておられます。

▲このページのTOPへ

大阪府堺市・泉北の乳幼児・子供の虫歯予防のことなら ますだ歯科