歯が生え始めたら・・・

歯が生え始めたら・・・乳歯は永久歯よりデリケートで虫歯にかかりやすいです。
食後はガーゼでやさしくふいてあげましょう。

 

 

 


「乳歯が生え始めたら」をご覧になった方は、以下のページもご覧になっておられます。

歯が生え始めたお子様のための5つのポイント

歯が生え始めたお子様のための5つのポイント1.両親(家族)からお子様へむし歯菌の感染を防ごう!!

  • 生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、ムシバ菌はいません。
  • ムシバ菌は1〜3歳頃までに家族から子供にうつる(感染する)ことがわかっています。
  • 特に生後19〜31ヶ月の時期に子供と長時間密接に接している者から感染するといわれています。
  • ご家族も定期的に歯科医院でクリーニングを受けましょう。

注意点

  1. 食べ物を子供に口うつししないで下さい。
  2. 両親(家族)の口の中で食べやすくつぶしてから食べさせないで下さい。
  3. 子供と同じおはしやスプーン・食器を使わないようにしましょう。
  4. 家族皆さんよく歯を磨いて、ムシバもきちんと治しましょう。←これが一番効果的!!
  5. ただし、ムシバ菌の感染を気にしすぎてお子さまとのスキンシップやコミュニケーションをなくさないようにして下さい。

2.授乳は1才半を過ぎると、少しずつ断乳へ!!

  • 1歳を過ぎて離乳食を食べるようになったら少しずつ断乳をしていきましょう。
  • 1歳半で断乳が完了できるのが理想です。
  • 2歳をすぎても授乳を続けるとかなり高い確率でむし歯が何本かできてしまいますので、ご注意下さい。
  • 「子どもの虫歯は親の責任」と自覚して下さい。

感染しやすい時期

▲このページのTOPへ

乳歯が生え揃ったら(2才半〜)

乳歯が生えそろったら@ 健康できれいな歯を保つため、3ヶ月に一度歯科医院で定期検診クリーニングを受けましょう。

A ご自宅でのブラッシング時に、フロス・糸ようじで歯と歯の間を積極的におそうじしましょう!
  (強い力は必要ないですよ。)

B 毎日の仕上げ磨きにより、親子間でコミュニケーションの大切さが伝わります。

 

乳歯は20本虫歯がなく、何でもよくかんで食べる。そうすれば、きっと楽しい食卓になるはずです。お母様方もごはんを作る楽しみができます。何でも食べる、元気な子供を育てる。

そんなお手伝いを私たちはしたいと考えております。 

 

 大事なポイント 大事なポイント大事なポイント

 1. よく『噛む』ことで知能が発達する

 2. 『噛む』ことで身体の成長を促す

 

 

 


「乳歯が生え揃ったら(2才半〜)」をご覧になった方は、以下のページもご覧になっておられます。

▲このページのTOPへ

永久歯が生え揃ったら(12才〜)

乳歯が生え揃ったら(2才半〜)『12才で虫歯ゼロ!!』

それがますだ歯科スタッフ一同のお子様方に対する願いです。

  • 歯と歯の間はフロス・糸ようじで積極的におそうじしましょう!

 

 

 

 

 

▲このページのTOPへ

大阪府堺市・泉北の乳幼児・子供の虫歯予防のことなら ますだ歯科